現在ただいま生きている人間の、いまの熱い思いをふたりごころで詠う・・・

響焔誌より
山崎名誉主宰の作品、選評、ならびに米田主宰の作品、選評、編集後記などを掲載しています。

響焰誌より

響焰2020年9月号より

【山崎名誉主宰の俳句】縦書きはこちら→MeiyoShusai_Haiku_202009


無頼    山崎 聰


切株に陽のこえ春のやさしい野
いつかくる別れのときのための春
春の夕焼閑居のあとは蟄居して
韃靼はさら咲くころああ無頼
奮い立つこともなくなり春が逝く
黄金週間足早に過ぎ一人なり
夏が近しまいにち同じことをして
桃さくら散ってしまえばジュディの日
八十八夜神さま不意に降りてきて
駒志津子さん
葉ざくらの一本道を天国に

 

【米田主宰の俳句】縦書きはこちら→Shusai_Haiku_202009

入道雲     米田 規子

雨音のやさしき日なり茗荷の子
花柄の小さなカップ緑雨かな
むんむんとカンナの黄色重い空
青梅雨や猫のセブンと師の句集
ちかごろ男子会なるもの蓮の花
試されているとも思い入道雲
揚羽蝶詩の一片の横切って
考えて迷う稲妻の只中に
感染の第二波という茂りかな
ふわっと白いパンを割り夏休み

 

【山崎名誉主宰の選】

<火炎集>響焔2020年6月号より

あたたかい地面があれば椿落つ      森村 文子
王国はコバルトブルー春の雪       加藤千恵子
たぶん老いは薄墨桜咲くように      中村 克子
今生のでろれん祭文花吹雪        鈴 カノン
春は曙まんぼうの匂いして        大見 充子
確信に変わる三月の曲がり角       松村 五月
菜の花やぼうぼうとさまよっていて    波多野真代
きさらぎや記憶ぶつかりあっていま    河津 智子
声がきこえて春夕焼の向うがわ      鈴木 瑩子
婆さまと行く探梅の上り坂        小林マリ子

【米田主宰の選】

<火炎集>響焔2020年6月号より

星を散りばめ三月忌の欅         和田 浩一
糸桜夜は時間をしたたらす        石倉 夏生
あたたかい地面があれば椿落つ      森村 文子
桜満開きいているのは死者の数      渡辺  澄
たぶん老いは薄墨桜咲くように      中村 克子
瞳澄む馬となごりのはだら雪       鈴 カノン
磯巾着臍は真ん中揺るぎなく       あざみ 精
確信に変わる三月の曲がり角       松村 五月
三寒四温ビーフシチューとろりとろり   北島 洋子
春の雪許されているかもしれぬ      山口美恵子

<白灯対談より>

数学B窓のむこうの僕の夏        北川 コト
馬刺屋の二階の窓の端居かな       小澤 什一
母の日やまごころ二つ掌に        加賀谷秀男
ちちははがのほほんといて夏座敷     大竹 妙子
何事のなき一日を沙羅の花        相田 勝子
風に膨らむ夏シャツのオーシャンブルー  石谷かずよ
万緑や沸々と湧くこころざし       川口 史江
言問橋渡り秋来る喜八来る        吉本のぶこ
無観客野球放送枇杷太る         森田 茂子
つれづれに聴く海の音青芒        小林 基子
卯の花腐しおじいさんの杉の下駄     廣川やよい
青田風教室までの長廊下         金子 良子
梅雨夕焼五階テラスの真正面       辻󠄀  哲子
妹に無花果甘いところだけ        鷹取かんな

【米田主宰の編集後記】

 戦争を知らない団塊の世代の一人だが、人生も終盤に差しかかった今、新型コロナウイルスとの戦争を経験するなんて予想だにしなかった。コロナ禍に加え、今年の梅雨の長さにも閉口した。いろいろなことが重なり、これまでの日常が危うくなった。しかし、こんな時こそ冷静に俳句と向き合って豊かな時間を持ちたいと思う。心の中の翼を大きく広げ自由に想像をふくらませよう。もしかしたら創造の女神が微笑むかもしれない。        (米田規子)

響焰2020年8月号より

【山崎名誉主宰の俳句】縦書きはこちら→MeiyoShusai_Haiku_202008


溷濁    山崎 聰


雪の夜をあかあかとおり玉手箱
窓際の心地よき位置蝌蚪の昼
一歩一歩奈落へ近く春の雪
遠近(おちこち)にたんぽぽ咲いて人の忌日
なにもかも遠くになって春のゆうやけ
春の月ゆっくり行こう彼の岸へ
君の名はと訊かれ戸惑う春の暮
呆気なく四月がおわり山の上
誰にもあるほのかな時間ほととぎす
溷濁のこの世かの世の望潮

【米田主宰の俳句】縦書きはこちら→Shusai_Haiku_202008

森閑と     米田 規子

ペパーミントティ森閑と街五月
人を待つ橋上改札つばくらめ
青梅やひと日しとしと雨降って
限界のその先見えず卯月波
免疫力かバナナに黒い点々
うつうつと今日から明日へ洗い髪
「星に願いを」短夜のピアノ鳴る
母の日のうす紫のアイシャドー
狂いがちに体内時計夏落葉
うがい手洗い六月のきれいな空

 

【山崎名誉主宰の選】

<火炎集>響焔2020年5月号より

流木を尖らせてゐる虎落笛        石倉 夏生
遠景のおとうと蛇行して二月       栗原 節子
戛戛ときさらぎのコバルトブルー     森村 文子
父母に気づかれぬよう山眠る       渡辺  澄
風の昭和か立春の葛西橋         加藤千恵子
文学と夜のはざまの冬林檎        松村 五月
泣いたりはしないからあまた落椿     波多野真代
愚太愚太の彼とわたしと恋の猫      河津 智子
水晶の真ん中に道冬の靄         鈴木 瑩子
しずり雪闇立ち上がるひとところ     大森 麗子

【米田主宰の選】

<火炎集>響焔2020年5月号より

電気毛布の夢の駱駝に跨って       石倉 夏生
雪原の馬であるから眼を閉じて      森村 文子
イニシャルを入れてより疾走のスキー   渡辺  澄
オペラ果て寒月光に髪乱る        中村 克子
真っ当なつとめのおとこ春の雷      岩佐  久
上州の風まっすぐに達磨市        あざみ 精
もれくるは象の足音春隣         大見 充子
三月が昔ばなしのように来て       松村 五月
野水仙横向くときの加齢かな       秋山ひろ子
冬夕焼何もかもついこの間        塩野  薫

<白灯対談より>

一期一会や身の内の青嵐         小林 基子
青林檎湖畔の椅子とチェーホフと     小澤 什一
夏来る会長室のモジリアニ        北川 コト
アラビアンナイト万緑の水底に      加賀谷秀男
麦秋や自粛の赤子指を吸う        相田 勝子
山五月しゅっぽしゅっぽ青けむり     小林多恵子
つかのまの夢か春キャベツ喰べている   大竹 妙子
つなぐ掌の確かなぬくみ余花の試歩    石谷かずよ
蕗の葉に水を掬いし父そこに       廣川やよい
野遊びの一人ひとりにスマートフォン   川口 史江
山野から風の生まれる聖五月       森田 茂子
ほつほつと弾くメヌエット夏の雲     金子 良子
暗黙のディスタンスとり蟻の列      牧野 良子
休校の門扉に鎖つばくらめ        北山 和雄

【米田主宰の編集後記】

 七月六日荒れ模様の天候の中、五ヵ月ぶりの東京句会を開いた。その少し前から東京の感染者が増え続けて、句会参加を断念する人が少なからずいた。それでも思い切って開いた句会の参加人数は十名。ソーシャルディスタンスを取り、換気、マスク着用。句会が進むにつれ違和感も薄れ句座が和やかにななった。お互いの顔を見て意見の交換ができる本来の句会はやはり楽しいものだった。来月もその先もこのような句会ができることを願う。        (米田規子)

響焰2020年7月号より

【山崎名誉主宰の俳句】縦書きはこちら→MeiyoShusai_Haiku_202007


待って居給え    山崎 聰


いちにち晴れいちにちは風さんがつは
なんとなく半日経って春北風
もうすこし寝ていたいから春の雪
春の雲待って居給えじきに行く
ふと立ち止まる蝌蚪群れているあたり
春の月右へ行こうか戻ろうか
春ゆえにさてもなんきん玉すだれ
春帽子きのうの夢に出たような
寂滅為楽磯巾着うごめいて
(駒志津子さん逝く)
どうしてなぜああ雪解けの山が呼ぶ

【米田主宰の俳句】縦書きはこちら→Shusai_Haiku_202007

薫風     米田 規子

しゃぼん玉ふいに明日を見失う
薫風にひらく朝刊家籠り
少年の黒いTシャツ聖五月
ステイホーム真っ赤な薔薇が咲きました
雨の日のねむい老人ラベンダー
人はひれ伏し青葉若葉のひかり
ドア閉めて新車の匂い夏木立
三人の安全な距離リラの冷え
ぼんやりと未来のかたち罌粟の花
束縛と自由だんご虫丸まって

【山崎名誉主宰の選】

<火炎集>響焔2020年4月号より

漂泊のいつも途中の雪蛍         石倉 夏生
道のないところまで来て冬夕焼      栗原 節子
去年今年太古の海が近づいて       森村 文子
マスクして人間らしくこどもらしく    渡辺  澄
北風吹く昼の分厚き玉子焼        山口 彩子
風にのるやまとことのは野水仙      加藤千恵子
新橋のサラリーマンという時雨      松村 五月
初鏡むこう側から戸がひらく       波多野真代
十二月追いつく音につまずきぬ      山口美恵子
大きくて赤いまんまる今朝の春      笹尾 京子

【米田主宰の選】

<火炎集>響焔2020年4月号より

漂泊のいつも途中の雪蛍         石倉 夏生
道のないところまで来て冬夕焼      栗原 節子
倖せはぐるりと子供春の七草       森村 文子
谺しててのひらに浮く桜餅        渡辺  澄
山国は荒星を研ぎ塞の神         山口 彩子
蕗の薹からんころんと日が巡る      西  博子
少年のごとき少女よ雪降れり       大見 充子
キラキラと一月の海駆けてくる      波多野真代
雪もよい上唇にラテの泡         秋山ひろ子
冬林檎ガラシャの芯の固さかな      大森 麗子

<白灯対談より>

立夏なりもしも翼があったなら      小澤 什一
だれかを想いおもわれて春日傘      北川 コト
愛すればこそ変わるべし花筏       加賀谷秀男
葉ざくらにあふれるほどの鳥さかな    大竹 妙子
さえずりや屈託の日々さみどりに     小林 基子
髪切ってヘップバーンになる五月     小林多恵子
ファルセット広がってゆく春の空     石谷かずよ
十年後のわたしに手紙朧月        川口 史江
膕を淡海の春の横切りぬ         吉本のぶこ
大空へ風になりたいスイートピー     森田 茂子
木瓜の花曲り角まで見送りて       廣川やよい
父と子のメール六秒初燕         金子 良子
翳し見るマニキュアの赤春の雪      原田 峯子
あかあかと窓辺照らされ春愁       浅見 幸子

【米田主宰の編集後記】

 この二、三ヵ月を皆様はどのように過ごされたでしょうか。日常でありながら非日常のような時の流れにに戸惑い、心がざわざわ揺れました。長い巣ごもり生活で俳句の焰が消えそうになったかも
しれません。句会のない淋しさ、物足りなさをひしひしと感じ、俳句にとって句会がいかに大切かを改めて思い知りました。今後コロナウイルスと共存しながらも、私達は慎重に新しい一歩を踏み出したいと考えています。        (米田規子)

響焰2020年6月号より


【山崎名誉主宰の俳句】縦書きはこちら→MeiyoShusai_Haiku_202006


いつとなく    山崎 聰


でもやはりそうは云っても春の霜
もう一度素顔にもどり春の闇
流雛いくばくさくら咲きくくら散り
砂山はとうに崩れて花の雨
紫荊むこうの丘に風吹いて
少年にいちにち長く散るさくら
立ち上がるものにたましい春の夜
寝るときも水の流るる甲斐の春
いつとなく冬から春へ海や山や
入学すまんまる太陽昇るように

 


【米田主宰の俳句】縦書きはこちら→Shusai_Haiku_202006


しなやかに     米田 規子


大空に予定なき日のさくらかな
おぼろ夜の髪を束ねる赤いゴム
ひりひりと男のカレー名残雪
花万朶小学校の音消えて
思いっきりピアノ弾きたし飛花落花
ひたすらにペンを走らせ春の闇
下り来て川のせせらぎ花疲れ
たれかれを想い暮春のスロージャズ
わが齢青葉若葉の風に揺れ
夕日のキッチン新牛蒡しなやかに

 

 

【山崎名誉主宰の選】

<火炎集>響焔2020年3月号より

校庭の歓声に散り黄の銀杏        和田 浩一
白椿おそろしきものもうひとつ      栗原 節子
暗闇のしんそこ真赤十二月        森村 文子
離るるに時の深さを白梟         河村 芳子
ふるさとの重さの届く十二月       西  博子
着脹れて羊でありし頃のこと       大見 充子
ちちよははよ鮮やかに返り花       波多野真代
子狐のしっぽが見えて昼の月       秋山ひろ子
寒卵北前船は帆を上げて         楡井 正隆
色のなき時間漂う十二月         大森 麗子

【米田主宰の選】

<火炎集>響焔2020年3月号より

十二月八日ピアノの薄埃         和田 浩一
名犬になれず枯野のひた走る       石倉 夏生
黙っているポインセチアのうしろ側    森村 文子
紅葉かつ散る東京へ帰る人        渡辺  澄
離るるに時の深さを白梟         河村 芳子
ふるさとの重さの届く十二月       西  博子
クリムトのいつもの女冷えにけり     大見 充子
色ながら散る乱文を許されよ       松村 五月
赤い糸付けておいたの冬銀河       山口美恵子
漂泊の空の眩しさ年の暮         大森 麗子

<白灯対談より>

花冷えや白磁の皿のニ三枚        加賀谷秀男
夕星に山翳の濃く初ざくら        小澤 什一
たましいは指さすほうへ養花天      北川 コト
宇宙船最後に乗せる雛人形        牧野 良子
万の芽へ今日の始まる光かな       相田 勝子
春の日の水音さやか虚子の句碑      廣川やよい
釣人と釣人あいだのつくしんぼ      小林多恵子
もやもやと遠目の赤子亀の鳴く     吉本のぶこ
春風のワルツに乗って猫の髭       森田 茂子
四次元の入口をあけ春籠         川口 史江
春寒しパンデミックの海が鳴る      石谷かずよ
さりながら窓辺明るく桃の花       小林 基子
春休みけんけんぱっと大空へ       原田 峯子
尼の寺屈んで拾う落椿          金子 良子

 

【米田主宰の編集後記】

 三月から五月まで響焰は全ての句会と行事を中止した。だが、この先もウィルスとの闘いは続きそうだ。俳句を愛し句会再開を楽しみにしてきた私達にとって大変残念な状況である。しかしながら、誌上句会、ネット句会、または各句会ごとの通信句会など知恵を絞れば様々な方法があると思う。結社として、今後どう活動していけば良いかを模索している。こんな時こそ皆様からの声を是非き聞きたいと思う。句会再開までみんなで乗り越えよう。        (米田規子)

響焰2020年5月号より


【山崎名誉主宰の俳句】縦書きはこちら→MeiyoShusai_Haiku_202005


すでにして    山崎 聰


残り柿命終のことなどもふと
山に雪降り野に雪降り彼と彼
いちにち迅くいちねん長し垂(しず)り雪
雪消えるころみちのくはほのあかく
春の風なまぐさきかたちして二人
すでにしてバビロンははるかなる春
雨が止み公園の仔猫のゆくえ
春眠はタクラマカンの砂と塩
とつぜんに子をとろ子とろ遅日かな
再会のそこここに空シネラリア

 


【米田主宰の俳句】縦書きはこちら→Shusai_Haiku_202005


春のパセリ     米田 規子


そくそくと二足のわらじ薄氷
鳥たちの空の領分冴返る
晴天や屈みて春のパセリ摘み
三日籠りてフリージアの朝の息吹
木々芽吹き平常心のどこへやら
春の雪もの書く姿勢くずさずに
炒り玉子ほろほろあまく朧の夜
えんぴつの倒れた先の春景色
いつまでの全力疾走ひこばゆる
オムレツにケチャップするりと三月来

 

【山崎名誉主宰の選】

<火炎集>響焔2020年2月号より

冬帽子いっぽんみちは遠い道       栗原 節子
つわぶき咲いてこんなにも死者の数    森村 文子
思い出すたび新しい雪降れり       渡辺  澄
したたかに灯る西口十二月        加藤千恵子
にびいろの月を想えば平家琵琶      大見 充子
この秋を歩けばボーヴォワールめき    松村 五月
十一月呆気なく頂上に出る        山口美恵子
雨上がりすめらみことに虹の端      蓮尾 碩才
小粒柿泣いて笑って日が暮れて      中野 充子
ひかりから光へ跳んで稲雀        小林多恵子

【米田主宰の選】

<火炎集>響焔2020年2月号より

むかしむかし井戸と裏木戸冬の虹     森村 文子
やや遠き日常黄落のポプラ        加藤千恵子
人声の恋しき日なり鳥渡る        中村 克子
冬の日のいろをいちずに猫のひげ     青木 秀夫
朝な夕なに晩秋のうらおもて       あざみ 精
烏瓜すでにこの世のことでなく      松村 五月
秋高しほうほうほろと塞翁が馬      小林 伸子
十一月呆気なく頂上に出る        山口美恵子
青空のむこうからきて鉦叩        楡井 正隆
晩学の明るいひと日とろろ汁       廣川やよい

 

<白灯対談より>

立春の言問橋の風のいろ         大竹 妙子
日脚伸ぶ品川駅の渦の中         北川 コト
何度でも夢を飛ばそうシャボン玉     小澤 裕子
丸メガネとハイネの詩集水の春      小林 基子
待春やおはじきぬりえわらべ歌      相田 勝子
新宿の夕闇を連れ焼芋屋         金子 良子
水仙の吐息の仄か海しずか        森田 茂子
寒風になお抗いて老夫婦         加賀谷秀男
冬銀河みえない手と手にぎりあう     川口 史江
のどけしや絵手紙の文字飛びこんで    廣川やよい
衣擦れの音は佐保姫それとも風      小澤 什一
約束の失せたる小指春の雪        吉本のぶこ
良きことも金柑の黄の暮れのこり     原田 峯子
暮の春オルガンを弾く昭和の子      佐藤千枝子

 

【米田主宰の編集後記】

 新型コロナウィルスが地球規模で猛威をふるっている。その影響で今まで当り前に開いていた句会があっけなく消え、この先の不安に悶々とするばかりだ。しかし、こんな時でも響焰誌は毎月発行しており、編集や発送の方々の支えを強く感じている。また、それと同時に毎月皆様から届く投句は、私に元気と勇気を与えてくれる。なんとかこの難局を乗り越えて、大会や句会で皆様とお会いできることを楽しみにしている。        (米田規子)

› more