現在ただいま生きている人間の、いまの熱い思いをふたりごころで詠う・・・

響焔誌より
山崎主宰の作品、選評、編集後記などを掲載しています。

響焰誌より

響焰2019年7月号より


【山崎主宰の俳句】縦書きはこちら→Shusai_Haiku_201907


バチカン     山崎 聰


さくらほろほろかの世もこの世もなく
春昼のひとりっきりの鼻の先
バチカンの薄暗いところから蝶
あつまって笑って別れ著莪の花
きのうと同じいちにちが過ぎみなみかぜ
八十八のわれも男の子ぞ鯉のぼり
さりながら五月五日の晩ごはん
東京でいちにち遊びさくらんぼ
はつなつのすこし弛んだぼんのくぼ
こんな日もたまにはいいかほとほぎす

 

【山崎主宰の選】

<火炎集>響焔2019年4月号より

夢の入口だれもいないから今年      森村 文子
女正月コトリと猫の居る気配       加藤千恵子
年の暮れあいつがしんねり墓みがく    鈴 カノン
なぜ海鼠わからないのが面白い      紀の﨑 茜
静かなる箸置きと立春の卵        伊達 甲女
加齢とはふわりと被る冬帽子       亀谷千鶴子
消えてゆくいろ十二月八日の雨      青木 秀夫
網走は風が泣く町紅椿          楡井 正隆
大寒や深海は羅生門めきて        蓮尾 碩才
はじまりは寒の鮃のうらおもて      塩野  薫

 

<白灯対談より>

春たけなわ赤灯台と白灯台        小林多恵子
われもまた硬派曇天の花こぶし      北川 コト
ふりむけば神護寺あたり花の雨      廣川やよい
花種を蒔くもうすこし生きるため     川口 史江
起立礼すすめ蛙の目借時         大竹 妙子
年々の桜年々の父母の声         相田 勝子
花咲くときも舞うときも渦の底      大森 麗子
山を恋い桃の花恋いわらべ唄       中野 充子
青空の青を確かめ花辛夷         金子 良子
体内の発芽はじまり弥生尽        森田 茂子
訃報来る三月の空傾いて         江口 ユキ
花花花楽しく遊び疲れけり        笹本 陽子

 

【山崎主宰の編集後記】

 事実と真実は違う。事実は云ってみれば眼に見えたもの、実際に体験したこと、つまり現象である。これに対して真実は、現在の事実のもっと先、もっと奥にあるもの、つまり本質である。

 だから事実をいくら積み重ねても真実にはならない。本質は眼で見るものでなく、心で感ずるものだから。

 俳句は窮極的には真実を書くものである。だから常に心を砥ぎ澄まして現実の奥にあるものを見ようとしていないと真実は書けない。       (山崎)

響焰2019年6月号より


【山崎主宰の俳句】縦書きはこちら→Shusai_Haiku_201906


ああ加齢     山崎 聰


三月さくら暗き四月の長廊下
春の夜の人体模型ああ加齢
能因の千年ざくら朝日影
長生きの馬といて春のゆうぐれ
こどもたちとりわけあたたかい夜は
蝶縺れみちのくはいま光のなか
東京に戻ってからの春の景
虚も実も修羅もさくらの渦の中
みほとけの顔(かんばせ)おもい干鰈
四月尽斯く斯くわれら蝟集して

 

【山崎主宰の選】

<火炎集>響焔2019年3月号より

水葬の海はくれない十二月        和田 浩一
ポケットの深いところで再会す      森村 文子
くれないの思わぬ昏さクリスマス     加藤千恵子
毎日が喜怒哀楽でひなたぼこ       紀の﨑 茜
風が鳴りごつんと冬の低気圧       伊達 甲女
遠き日のいっさいは冬の足音       青木 秀夫
鯖缶を選んでおりぬ冬の暮        山口美恵子
雪催い柱のうしろからあいつ       あざみ 精
ぼんやりと表玄関片しぐれ        楡井 正隆
極月や船から岸へ男跳ぶ         塩野  薫

 

<白灯対談より>

不器用できまじめな亀春疾風       廣川やよい
落語家と猫とベーコン風光る       川口 史江
春満月あそび疲れた子のように      小林多恵子
画用紙に二十二色の春休み        北川 コト
別れては会い木の芽風木の芽雨      相田 勝子
桜まじ通りに移動販売車         田口 順子
逢いたさは春満月の橋の詰        大森 麗子
叶うべき夢みているか白椿        大竹 妙子
万愚節異国の人ら闊歩して        江口 ユキ
ばあちゃんに言い分ありて春一番     平尾 敦子
木の芽和隣に空気のような人       金子 良子
いつ見ても嬉しい気持ち雛まつり     笹本 陽子

 

【山崎主宰の編集後記】

 俳句は自宅の机の上で作るもの、との思いは今もって変わっていない。いわゆる吟行や野外、旅行での見聞はもちろんだいじだが、それはあくまでも俳句の単なるきっかけに過ぎない。そのあとの自宅の机での作業がもっとだいじなのだ。

 俳句は、見たもの触れたものをきっかけにした、作者の全人生体験、人生観、世界観の総集編、と云っては云い過ぎだろうか。

 吟行などの俳句が評判よかったからとそのままにせず、帰ってからの後処理にエネルギーを注ぎたい。本物の俳句を残すために。       (山崎)

響焰2019年5月号より


【山崎主宰の俳句】縦書きはこちら→Shusai_Haiku_201905


草加越谷     山崎 聰


望郷は春のはじめのわらべ唄
春眠のところどころの海の景
きっかけは春の小径をもうすこし
春塵の草加越谷みちのくへ
呼ばれたようでふりむく花の昼
春北風亀の甲羅の二つ三つ
永き日をことりと座り夢の中
竹林の雉子(きぎす)が鳴いて一軒家
春眠のつづきのように阿弥陀さま
石投げて石に当りぬ暮の春

 

【山崎主宰の選】

<火炎集>響焔2019年2月号より

コスモスの薄青い部屋ゆめのゆめ     森村 文子
日の暮は風の底見え石蕗の花       山口 彩子
かりそめのものを並べて酉の市      川嶋 悦子
人間を長く伸ばして襤褸市に       鈴 カノン
星ひとつ空の余白へ時のそとへ      紀の﨑 茜
十月の放物線に安房の海         小川トシ子
照ったり曇ったり雪囲いしていたり    秋山ひろ子
石段に花束冬の三四郎          楡井 正隆
やや傾ぎ十一月は舟のよう        松村 五月
さざんか散りさらわれてゆく白い町    波多野真代

 

<白灯対談より>

春二番エルム通りの和菓子店       川口 史江
立春のきのうとちがう色の影       小林多恵子
わたくしの場所お日様とたんぽぽと    北川 コト
きさらぎのそこだけ赤い演芸館      廣川やよい
ふゆざくら夢から覚めて夢の中      相田 勝子
やさしい色のドロップの缶阪神忌     金子 良子
葉ボタンの奥のむらさき夕明かり     大森 麗子
ひんやりとちいさなくらし二月尽     大竹 妙子
おだやかに一日が過ぎ石蕗の花      江口 ユキ
梅日和明日を探して世界地図       田口 順子
この地球自転ゆっくり初日の出      辻󠄀  哲子
北窓ひらく仲良しの鳥来ておれば     笹本 陽子

 

 

【山崎主宰の編集後記】

 先年亡くなった落語家の立川談志が、生前<人間の業の肯定を前提とした一人芸が落語だ>と云っていたが、これはまさに私達の俳句にも当てはまることではないか。

 業とはつまり人間の根源的な宿命、ということだろうから、俳句もまた人間の宿命を受け入れた上で、その在り様を書く一人芸にほかならない。

 そう思うと、この広い宇宙に我一人立つ、との思いはいよいよ深くなる。       (山崎)

響焰2019年4月号より


【山崎主宰の俳句】縦書きはこちら→Shusai_Haiku_201904


なあみんな     山崎 聰


石段を十段あまり寒北斗
童心のひとつこぼるるぼたん雪
鈍色の空を残して雁帰る
春一番ニューヨークから女客
戦争をしばらく知らず影朧
対岸のまひるの景として雲雀
三鬼の忌とりわけ赤いひとところ
くっきりと昭和平成春の濤
列島の暮れ泥みたる春の景
春だからのんびり行こうぜなあみんな

【山崎主宰の選】

<火炎集>響焔2019年1月号より

木の瘤が瘤の夢見る月夜かな       石倉 夏生
お日さまとクリームパンと茨の実     森村 文子
秋の夜ひたひたと黒人霊歌        川嶋 悦子
戦争の曖昧模糊と死者の数        鈴 カノン
えそらごとまことまぼろし芒原      岩崎 令子
渋柿といえど八十路のふくらはぎ     青木 秀夫
まんじゅしゃげ後ろ姿を見たような    秋山ひろ子
あの日からさらわれたままいわし雲    笹尾 京子
丸善に何を置こうか十月は        松村 五月
堕天使のラッパとどろき野分あと     波多野真代

 

<白灯対談より>

実南天闇に華やぐ生活かな        川口 史江
電柱が正しくならび冬満月        小林多恵子
咲いてもひとり白椿紅椿         北川 コト
蠟梅の神田川から明けはじむ       廣川やよい
駅ひとつ乗りこして見る冬の月      中野 充子
人と人こんがらがって氷柱かな      金子 良子
去年今年あなたの海はまた深く      大竹 妙子
凍蝶のかすかな光残し逝く        相田 勝子
一発逆転あかあかと大旦         小林 基子
新潟の人から届く寒見舞         江口 ユキ
宇宙から素粒子の声山眠る        田口 順子
福笑い年齢自由自在なり         笹本 陽子

 

 

【山崎主宰の編集後記】

 俳句は、製作(作句)一割、推敲九割と心得ている。製作はいってみれば思い付き、つまりきっかけである。それに肉付けをしていのちを吹き込むことで、俳句というかたちに仕上げるのが推敲である。だから推敲に時間を掛けるほど、その俳句は単純化、明確化されてシャープになる。九割はそのためのエネルギーである。推敲九割を心掛けたい。       (山崎)

響焰2019年3月号より


【山崎主宰の俳句】縦書きはこちら→Shusai_Haiku_201903


紙鳶     山崎 聰


霜の朝晩節戛々と通る
ほのあかきものいくつか冬至粥
十二月砂噛む心地して夜明け
早起きの子供に朝日紙鳶(いかのぼり)
あるときは熱い涙を雪おんな
人の日をなよなよあるき黄粉餅
さりながら越中八尾雪のなか
反骨のいまだくすぶりどんど焼
死者に光をやまなみるいるいと凍る
自転車が農道を行くおとなの日

【山崎主宰の選】

<火炎集>響焔2018年12月号より

九月の雨うしろ向くとき老いにけり    栗原 節子
絵の中に転がっている夏の果       森村 文子
吉野葛おのずから百人一首        鈴 カノン
一切をおおきな袋風は秋         河村 芳子
二百十日蜜たっぷりの白い壺       小川トシ子
野分あと自問自答して一人        山口美恵子
二十年先にもあるだろう良夜       愛甲 知子
曼珠沙華やはりおまえは赤で咲け     笹尾 京子
就中白い小指の晩夏かな         蓮尾 碩才
真夜の月意味なく好きなことをして    波多野真代

 

<白灯対談より>

あしおとが揃う日十二月八日       北川 コト
海を恋い人を恋いいて冬の川       小林多恵子
不器用な鋸の音街小春          平尾 敦子
出口から人吐き出され十二月       廣川やよい
街中に赤あふれきて十二月        川口 史江
カピバラのはみ出している小春かな    大竹 妙子
冬田中一番電車来て止まる        相田 勝子
晩節や別れの先の枯木星         江口 ユキ
そうはいってもしかしやっぱりおでん鍋  田口 順子
小春かな外人墓地のマリアさま      金子 良子
椿落つ胸に穴あく音のして        土田美穂子
冬薔薇ただ泣いているだけなのに     加賀谷秀男
天高く人間ひと日ふくらみぬ       小澤 裕子
誉め言葉うれしく貰い年終る       笹本 陽子

 

 

【山崎主宰の編集後記】

 事柄を書くのが俳句だと思っていないだろうか。事柄つまり物語は、いくら書いてもそのままでは詩にはなり得ない。俳句はもともとストーリーテリングには馴染まないのだ。

 要するに、俳句は意味などどうでもいいのであって、意味はわかるが詩がわからないというのでは俳句とはいえない。句会などで、だからどうなの、と問うのは、意味事柄はわかるがその先の詩が見えない、どういう詩が云えているのか、と問うているのである。。

 俳句は本来意味を云う詩では断じてない。肝に銘じて欲しい。       (山崎)

› more